FC2ブログ

あるものに感謝、満足する「クセ」を身につけましょう

今自分にあるものに感謝し、満足しながら生きるということは、幸せになる第一歩です。

あるものに満足しながら、前向きに人生を生きるということです。

これをお読みの皆さんは、満足できるものは沢山あるはずです。皆さんはとても恵まれているのです。

今現在、世界で約60%の人々が、食べ物、水、住む場所がなかったりで困っているといわれています。

でも、日本で生活している皆さんは、これらのことで困っている人はほとんどいないと思います。

皆さんはこのことに感謝しているでしょうか?

このことに感謝し満足できないのは問題です。

満足できないことから、心の迷いにつながり、落ち着いた安らかな人生をおくることができなくなってしまいます。

だから、まず欲しいものを考える前に、自分に与えられているものを大事にし、感謝し、満足する「クセ」をつけましょう。

そうすると、また新たに感謝できることが見つけられるようになり、満ち足りた人生をおくれるようになります。
スポンサーサイト

自分の心に負けないようにしましょう

生きていると、いろいろなことが私たちの人生に起こります。

仕事、人間関係、病気、事故、災害など。

それらに自分の心が影響されて、負けてしまわないようにしたいものです。

それには、心の持ち方を変えることです。

例えば、それほど年を取っているわけでもないのに「自分はもうこんなに年だ」という人がいます。

また、「自分には力がない」、「自分には絶対できない」という思い。

本を読んでいてもストレスで集中できない、ということ。

これらはみな心の持ち方です。

私たちがストレスが起きる原因に3つのことがあります。

1、人間関係
2、外部の物事(自然環境など)
3、世間のことがら(得たり、失ったり、楽しい、悲しい、誉める、非難される)

これらのことにマイナスに反応してしまうとストレスとなります。

心はある種の戦いをしているともいえます。

その戦いとは、喜びが欲しい、苦しみは嫌い、生きることへの執着、死への恐れ、という心の状態です。

このような心の動きを放っておいてはいけません。

心が迷わないようにどうすればいいか考えないといけません。

その方法として、仏教には多くの教えがあります。

その中で、いくつかみなさんに教えたいと思います。

積極的な考え方を持つことができるようになるでしょう。

(続く)

何事にも勝れた人生

どんな邪魔なものが外からきても、しなやかで気持ちをまっすぐに成功するまでやることです。

何か始める時、いろんな邪魔なことが起きるのは、人生ではよくあることです。

それでも、心を動揺させないで、続けることが大切です。

これは、全ての人に言えることです――どの世代の人にも、国、人種、宗教などに関係なく――。

小学生、中学生、高校生、大学生かもしれません。または、会社の社長、部長、従業員、そして定年を迎えた方でも同じです。

自分の目的にたどりつくために、前向きに考える力を持ちましょう。

Skypeで一緒に瞑想しませんか?

蘭華寺や瞑想会に参加してみたいけどなかなか参加できない方や、自宅で瞑想を行ってみたい方、個人またはグループの好きな時間に一緒に「Skype」を利用して瞑想を行ってみませんか?

個人でもグループでも構いません。
瞑想が初めての方でも、リアルタイムに丁寧にお教えいたします。

時間帯は朝でも昼でも夜でも、可能な限り対応していきたいと思います。

詳細は私のSkypeアカウント「Pannarama.y.ven」までご連絡いただくか、左記までメールをお願いいたします。

瞑想は5分でも10分でも効果があります。
ぜひ一緒に瞑想しましょう。

蘭華寺 9月瞑想会のご案内

蘭華寺では毎月瞑想会(原則第3土曜日午後1時より)を行っています。

今月は9月20日(土)午後1時から開催します。

どなたでもご参加いただけます。
*参加費 1,000円


詳細は下記までお問い合わせください。

〒287-0823
千葉県香取市笄島3318-5
蘭華寺
担当 ヤタワラ・パンニャラーマ
TEL&FAX 0478-56-1394
mail  yatawara@lily.ocn.ne.jp
プロフィール

ヤタワラ・パンニャラーマ

Author:ヤタワラ・パンニャラーマ
日本の皆さん、こんにちは。
ヤタワラ・パンニャラーマです。

私はスリランカのキャンディという町で生まれ、1986年に来日しました。現在は千葉県香取市にあるスリランカ寺院「蘭華寺」の僧侶として活動しています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

ウェブサイト
「気づきの瞑想~マインドフルネス~」
http://y-pannarama.com/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR