FC2ブログ

宗教の役割とは

今、宗教が関係したテロによって日本と世界が揺れ動いています。

現在、世界には何千という宗教が存在するといわれていいます。

多くの宗教がありますが、宗教の目的は、人間の心を穏やかにすることだと思います。

では、宗教が関係する問題がなぜ起こっているのでしょうか。

人間は、いくら頭がよくても、心が汚れていると、様々な問題を起こすものです。

現代の私たちの頭は、非常に発展しています。現代科学でも信じられないくらいです。

今後、頭はもっと発達していくでしょう。

でも、これだけ発達した頭を持ちながら、心の部分は頭に置き去りにされていないでしょうか。

ここのところが、世界中の宗教、また宗教者が問題にしなければいけないことだと思います。

ブッダの教えにある心に関係すること。
――精神の安定、思いやり、慈悲、真心、愛、道徳、美徳など――
が失われつつあります。

人間が、心のない頭だけのパソコンのような存在になってはいけないのです。

人はみな、痛みや苦しみを味わいたくないものです。

ですから、常に相手のことを考えなければなりません。

「すべてのひとびとは、杖でたたかれるような暴力におびえる。
すべてのひとびとは、死をおそれる。
このような自分をたとえにして、人をたたくなかれ、ころすなかれ」
(ダンマパダ 129)

心の発展なく、頭だけが発達した人はとても危険で、乱暴で、他人に迷惑をかける、宗教心のない人です。
逆に、頭が発達せずに、心もないという場合、宗教的なものだけに盲信することも危険です。

心も頭も、バランスよく整った人が社会的に必要なのです。

愚かで道徳がない人より、頭だけがよく道徳のないということが危険なのです。
なぜなら、頭がいいと計画を立てて、社会に迷惑をかけることをするからです。

今、世界で問題を起こしているような人たちは、頭だけで計算し、お金があってワガママで道徳がないのです。
これ以上、ロボットのような人間を増やしてはいけません。

現在の社会で必要なことは、道徳のない人を道徳のある人間に教育することです。

これが、世界で何千という宗教の大きな役割だと思います。
スポンサーサイト



自分の願いや目的を信じ、愛すること

新年も大分経ちました。
新年に皆さんは、沢山の願いや目標を持たれたと思います。
「健康ですごせますように」
「幸せに過ごせますように」

子どもであれば、大きくなりますように、勉強、試験に合格し、良い学校、大学、会社に入れますようになど。

でも、願うだけでは成功することはできないです。
願いのために努力することが必要です。

試験に合格すること、家を建てること、仕事での地位向上のためには、努力することです。

結婚相手も努力して探すことです。

夫婦であれば、末永く生活するために努力が必要です。
それは家庭を守るための努力です。

それでは、がんばること、努力するために必要なものは何でしょうか。

自分の願いや目的を信じること、愛することです。
続けるためには信じることが大切です。

子どもでも、若い人でも、大人でも、自分の目的を信じてください。愛してください。

そして、その目的のために実践しましょう。

そうすれば、今年も満足して終えることができ、また良い年を迎えることができるでしょう。

蘭華寺瞑想会 2015年1月17日

セントラル健康クラブ セミナーのご案内

この度、茨城県神栖市の鹿島セントラルホテルにおいて、下記の日程で私のセミナーが行われます。
どなたでもご参加いただけます。

「第3回 瞑想(マインドフルネス)入門 ~はじめの一歩~」
日時 平成27年2月14日(土) 受付13時15分 セミナー13時30分~15時
場所 鹿島セントラルホテル2階宴会場
講師 ヤタワラ・パンニャラーマ
参加費 1,300円 *セントラル健康クラブメンバーは1,000円 
(セミナー費、セイロン紅茶、お菓子付き)

お問い合わせ先
「セントラル健康クラブ事務局」
茨城県神栖市大野原4-7-1
電話 0299-92-3551 8時30分~17時30分(土日祝休業) 
プロフィール

ヤタワラ・パンニャラーマ

Author:ヤタワラ・パンニャラーマ
日本の皆さん、こんにちは。
ヤタワラ・パンニャラーマです。

私はスリランカのキャンディという町で生まれ、1986年に来日しました。現在は千葉県香取市にあるスリランカ寺院「蘭華寺」の僧侶として活動しています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

ウェブサイト
「気づきの瞑想~マインドフルネス~」
http://y-pannarama.com/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR