FC2ブログ

蘭華寺 6月瞑想会のご案内

蘭華寺では毎月瞑想会(第3土曜日午後1時より)を行っています。

今月は6月20日(土)午後1時から開催します。

どなたでもご参加いただけます。
*参加費 1,000円


詳細は下記までお問い合わせください。

〒287-0823
千葉県香取市笄島3318-5
蘭華寺
担当 ヤタワラ・パンニャラーマ
TEL&FAX 0478-56-1394
mail  yatawara@lily.ocn.ne.jp
スポンサーサイト



老年期の生き方(4)

【瞑想する】
日々の生活の中に瞑想を取り入れてみましょう。

瞑想というと、座禅のような難しい修行法のように思われるかもしれませんが、簡単なリラックス法です。

自宅に仏壇があれば仏壇の前で、なければどこでも大丈夫です。

仕事場でも車の中でもベッドの中でもできます。

イスに座っても正座でも、横になりながらでも大丈夫です。

行う時間も、朝起きたとき、夜寝る前、休憩中などいつでも可能です。

一日5分でも10分でも結構です。

続ければ必ず効果が出てきます。

朝は気持ちよく起きられ、夜は熟睡でき、穏やかな気持ちで毎日過ごせるようになるでしょう。

瞑想では以下のことを念じます。
①私は幸せでありますように
②私の悩み、苦しみがなくなりますように
③私の願い事が叶えられますように
④私の先祖が安楽でありますように
⑤私に悟りの道が現れますように
⑥私は幸せでありますように(3回)

瞑想は自分を愛する方法です。

年を取っていても、自分を愛してあげることが大事です。

死は誰も避けられません。

誰も死から助け出すこともできません。

死は突然にやってくることもあります。

「さようなら」のあいさつも言えない場合が多くあります。

今の瞬間を大事にしながら生きていきましょう。

「実に、自分こそ自分のあるじなり。だれが自分のあるじになりえるか。
よくととのえられた自分こそ、まこと得難いあるじを得たことになる」
(ダンマパダ 160)

老年期の生き方(3)

【技術を過信しないこと】
今、私たちは、現代の高度な技術を駆使して生活をしています。

技術は私たちの生活を便利にし、豊かさを生みだしました。

技術の恩恵は大変大きいものです。

でも、時代が変われば技術も変化していきます。

世界も日々変化していきます。

私たち人間はどうでしょうか。

人間そのものは、時代が進んでも発展することはありません。

技術を過信するのではなく、上手に活用しながら、生活に取り入れていくという姿勢が必要だと思います。

技術にとらわれて心が置き去りにされないようにしましょう。

【今の瞬間に生きる】
今、この瞬間を大事にして生きましょう。

今の瞬間というのは、次の瞬間への土台です。

過去へのとらわれを無くしましょう。

過去と未来を気にすることなく、今を生きることが、喜びとなります。

【良い行いを記録する】
今までの人生で、自分が良いことをしたと思うことを思い出し、書き出してみてください。

そして、これから毎日、良いことをしたと思ったら、メモしておいてください。

そのノートを見返すと、嬉しい気持ちになります。

そしてさらに良いことをしようという気持ちになるのです。

この世で良い行いを積めば、来世も幸福になり、悟りへの道を歩むことができます。

「良いことをした人は、この世で喜び、あの世で喜び、二つの世で喜ぶ。
私は良いことをしたと喜び、善い世界に生まれ、さらに喜ぶ」
(ダンマパダ 18)


つづく

老年期の生き方 2

【手放すこと】
今までは、自分のために生きてきたことと思います。

自分が幸せになるために、がんばってきたことと思います。

これからは、他人のために生きることを考えてみてください。

人のお世話をし、相手のために我慢すること、ゆるすこと。

今までの人生であった嫌なこと、嫌な思い出を心から手放してしまいましょう。

【受けた恩を下に流す】
皆さんが、両親、祖父母、年長者から受けためぐみ、いつくしみを同じように下の世代にしてあげることが大切です。

これは恩を「流す」ということです。

そうすれば、さらにその下の世代に恩が受け継がれていくのです。

これを心がけていると、老年期を楽しく過ごすことができるのではないでしょうか。

【楽しみ、喜ぶこと】
子どもや孫に、面倒を見てもらうことを期待するのではなく、子どもや孫の成功を喜ぶこと。

わがままな考えから離れること。

生きるために必要なモノを減らし、人生を軽くすること。

仏教の究極の目的は、楽しんで生きることです。

つづく

老年期の生き方

人間の生活は、年を取ってからも、子どもの時代と同じように大事な時期です。

子どもの時期は、将来のために考えなければいけません。

年を取ってからは、自分より年下の人達の手本になるように生きなければなりません。

人生には、子ども、青年、壮年、老年の4つの段階があります。

それぞれの時期を大切に生きることが大切です。

これから数回に分けて、老年期に穏やかに生きる方法を、ブッダの教えの中からお話ししたいと思います。

【世間の事を気にしないこと】
年を取ると、若い時ほど健康でなくなります。

でも、若い時のことを羨まずに、今の瞬間に生きるようにすれば、物事に動揺することなく、穏やかに生活することができます。

世間の物事に執着せずに生活することを心がけましょう。

つづく
プロフィール

ヤタワラ・パンニャラーマ

Author:ヤタワラ・パンニャラーマ
日本の皆さん、こんにちは。
ヤタワラ・パンニャラーマです。

私はスリランカのキャンディという町で生まれ、1986年に来日しました。現在は千葉県香取市にあるスリランカ寺院「蘭華寺」の僧侶として活動しています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

ウェブサイト
「気づきの瞑想~マインドフルネス~」
http://y-pannarama.com/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR