FC2ブログ

ウェブサイト開設のご案内

このたび、私のウェブサイトを開設しました。
ぜひご覧ください。

蘭華寺 ヤタワラ パンニャラーマ 
「気づきの瞑想~マインドフルネス~」
http://y-pannarama.com/
スポンサーサイト



落ち着いた心の有益性

人間の知能は(心のパワー)は、ものすごいです。

それを生かしてできたものを使って現代人は生きています。

今、現代でも、その知能を生かしながら、人間は幸せのため、また、よりよい生活をするために必要なものを研究しています。

しかし、私たちは心が落ち着かないで、悩みや不安、ストレスばかりの毎日を送っていないでしょうか。

私たちは、心が穏やかになることを研究しなければなりません。

現代は、ものを作る研究をどんどん進めています。もちろん、物も必要です。

でも、今、人間に必要な物はもっと他にあります。

例えば、医学の発展は喜ばしいことです。でも、心が穏やかでなければ長生きしても幸せでなければ意味がありません。

ですから、これからは物質的研究より精神的研究をどんどんしてほしいと思います。

外見より、内面に気をつけなければいけません。心の穏やかさが大切です。

それには、どんな宗教でもいいのです。

穏やかで、安らかで、静かな心が元気な体をつくります。

体の成分バランスを保ちます。心配やストレスは体の邪魔をします。だから、穏やかな心が大切です。

基本的には私たちの心構えは、穏やかさにあります。

でも、外からいろんな邪魔がきて、すぐ、その穏やかさがなくなります。

それを、自分で観察したり、今の自分の心の状態を確認して、コントロールする力をつけなければなりません。

それは、誰にでもできす。

そのためのトレーニングをする方法が瞑想なのです。

蘭華寺瞑想会【2016年3月19日】

初めての瞑想会【3月25日(金)】 ご案内

0001.jpg
人生に恩恵をもたらす瞑想をお手軽に体験していただくための瞑想体験会です。
若き日のスティーブ・ジョブスも実践していた瞑想。近年多くの科学的なアプローチから効果が実証されていま
す。あのGoogle も社内研修で利用されているようです。
本家本元のスリランカのお坊さんが日本語で教えてくれますので、この機会にぜひ体験してください。
服装はカジュアルで、持ち物は手ぶらでどうぞ!

講師   蘭華寺 僧侶 ヤタワラ・パンニャラーマ 
      1987年に来日し、現在は千葉県香取市にある蘭華寺僧侶として活動中。 
      『手塚治虫の「ブッダ」と学ぶ もう迷わない生き方』(実業之日本社) 監修 
      
日 時  3月25日(金) 【完全予約制】各部10名前後
      1.午前の部  10~11 時    2.午後の部  14~15 時    3.夕方の部  17~18時
会 場   佃区民館  〒104-0051 東京都中央区佃二丁目17番8 号 電話 03-3533-6951
        http://www.tafuka.co.jp/tokyo_chuo/tsukishima_tsukuda.html
アクセス    東京メトロ有楽町線または都営地下鉄大江戸線月島駅下車4番出口 徒歩1分
         都バス「門33亀戸駅-豊海水産埠頭」月島駅下車 徒歩2分
参加費  お賽銭

参加をご希望の方は、
・お名前
・参加される方の人数
・参加希望時間    1.10~11時        2.1 4~15時        3.17~18時
をお申し込みください。

【お申込み方法】
下記お申込みフォームまたはFAXにてお申込みおください。

お申込みフォームはコチラ
FAX用紙はコチラ


協賛 株式会社大松
お問合せ  蘭華寺 ヤタワラ・パンニャラーマ TEL: 0478-56-1394
                              mail yatawarapannarama@gmail.com
        高阪空間研究所 高阪一祐    TEL: 044-344-0599
プロフィール

ヤタワラ・パンニャラーマ

Author:ヤタワラ・パンニャラーマ
日本の皆さん、こんにちは。
ヤタワラ・パンニャラーマです。

私はスリランカのキャンディという町で生まれ、1986年に来日しました。現在は千葉県香取市にあるスリランカ寺院「蘭華寺」の僧侶として活動しています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

ウェブサイト
「気づきの瞑想~マインドフルネス~」
http://y-pannarama.com/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR