FC2ブログ

今が努力すべき時

仏陀は、45年間人類の全ての人々の為に努力しました。

仏陀の教えの特徴は、正しい努力をすること。努力をして、今世も来世も幸せになる方法を教えています。

特に、若い時に努力しなければなりません。若くて強い人でも、怠けていれば人生は幸せになりません。

「努力すべき時に努力しないで、能力を発揮すべき時に働かず、若くて力があっても怠け者で、自分は若くて力があると考えて怠惰であるものは、智慧によって道を見出すことはできない。」(ダンマパダ マッガワッカ)

仏陀のこの教えを私達の人生に繋げましょう。
私達が常に考えているのは、私はこれをできない、可能性がない、私はいい結果を得ることができないかもしれないというような否定的な考えです。

この否定的な考え方が人生を破壊するようになります。

仏陀は常に私たちに努力の重要性を示しています。

『ウッタナワト サティマト』(ダンマパダ アッパマーダワッカ) 
「努力と集中力が必要である。」

ここでわかるのは、努力は誰もがするべきことです。特に、子供の時と若い時に、怠け者で、否定的な考えを持ち、やることを遅らせたり、ずらしたりしようとする心の状態から脱出しなければなりません。

『アチャリツア バラ ムチャリヤン アラッダヨッバネ ダナム 』(ダンマパダ ジャラワッカ)
「若い時に財を得る努力をしなかった人は、過去のことを嘆きながら生きて行く。」

これは、現在社会の中で、自分の人生を残念ながらだめにしたくさんの若者がいることから間違いないと思います。
理由は、適切な時に勉強しなかったことで若い時に稼ぐことができない。
もし自分もこのように今まで怠けていたなら、仏陀の教えを手本にして、自分の人生をやり直す時間はまだあります。頑張る人に神様がチャンスを与えてくれます。


仏教をもっと深く調べると、私達の人生を幸せにするための極意がたくさんあります。

『シガロワーダスッタ』の中では、怠けは財産を喪失する原因になります。
だから、この真実を大切にしながら、これから努力することで新しい人生を発見することができます。

怠惰でいると、自分が知らない間に、もらいものが三つあります。

1. カーマ(欲望)五感をできるだけ喜ばせる状態  

2. ヴィヤパーダ(邪悪な計画)相手を困らせる考え。この考えでいると、自分と自分の周りも落ち着かなくなります。この考えが怠けの心の状態です。よく努力している人には余計な考えは起こりません。

3.Vihinnsa(相手を傷つける考え)これも怠けの人の心です。
『サッベ タサンティ ダンダッサ、サッベ バヤンティ マッチュノ』(ダンマパダ ダンダワッカ) 
「全ての人が暴力を恐れる。全ての人が死ぬことを恐れる。このように自分を例えにして、人叩くなかれ、殺すなかれ。」

この教えに見ると、人が脅す考えを起こす理由は、怠惰な生活です。

怠惰をなくして、この尊い命に感謝しましょう。

私達は今すぐにでも、怠惰をなくすよう努力しなければなりません。そうすれば、天国の扉は自動的に開きます。また、上座仏教で教える悟りの道が開けます。怠惰を放棄して新しい人生を作りましょう。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

ヤタワラ・パンニャラーマ

Author:ヤタワラ・パンニャラーマ
日本の皆さん、こんにちは。
ヤタワラ・パンニャラーマです。

私はスリランカのキャンディという町で生まれ、1986年に来日しました。現在は千葉県香取市にあるスリランカ寺院「蘭華寺」の僧侶として活動しています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

ウェブサイト
「気づきの瞑想~マインドフルネス~」
http://y-pannarama.com/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR