FC2ブログ

手放す ( let go)

手放すことができると、幸福でいられます。

仏教で教える、手放すとはなんでしょいうか?

手放すと言っても、いま生きていくうえで必要なもの、生きていく上では必要では

ないが大切にしているもの、そういったものを、そのまますべてを手放すことでは

ありません。



自分が、大切にしているどの部分にとらわれすぎて、それによって自分に悪い結果を及ぼす影響が起こっているのかを理解しながら、心から手放さないといけません。



諸行無常という、仏教の考えがあります。

万物は常に変化して少しの間もとどまらないことをいいます。

自分のいちばん身近で大切な人もいつかは亡くなる、世の中のすべてのことがらは、とどまることはなく、移り変わる、そういったことを理解し、心から手放すのです。



まず過去と未来という二つの時間を手放します。

いま現在、自分が快適であるのに、過去の出来事にとらわれて悲しんでいます。

後悔しています。

過去とは今から何年前でも過去です。何ヶ月、何日、1分前でも過去です。

例えば、会社の社長や、上司の人から嫌なことを何か言われて、その時に

感じた怒りを今も心に持って苦しんでいるかもしれません。

その苦しみを与えた人は、そのことを忘れているかもしれないのに、です。

いったい、だれが、いまだに苦しんでいるのでしょうか? それは自分です。

50、60, 70才になっても、過去を手放さないで苦しんでいます。



嫌な過去を、そのままいつまでも抱えている、そのような今の人生は快適ですか?

ただただ、今、苦しいだけです。

過去に、たくさん執着していることで、人生が重くなります。

ですので、過去への執着から、脱却しなければなりません。



そして同じように、未来への執着も手放すことです。

将来はどうなるかな・・・?今の仕事はうまくいくかな・・・?

今の彼女と、もしくは彼と結婚しても、だいじょうぶかな・・・?

そのような、まだ起こってもいないことにとらわれて、大事な今を無くしています。

今、この瞬間を、生きてみましょう。



"アティタン ナーヌ ソウチャンティ ―

ナッパジャッパンティナガタン" (ブッダ)

過去を後悔しない、未来を心配しない。

このように生きている人は、いつも明るく穏やかなのです。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

ヤタワラ・パンニャラーマ

Author:ヤタワラ・パンニャラーマ
日本の皆さん、こんにちは。
ヤタワラ・パンニャラーマです。

私はスリランカのキャンディという町で生まれ、1986年に来日しました。現在は千葉県香取市にあるスリランカ寺院「蘭華寺」の僧侶として活動しています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

ウェブサイト
「気づきの瞑想~マインドフルネス~」
http://y-pannarama.com/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR