FC2ブログ

物事を正しく理解し、選ぶこと

私達の人生で、理解することと、選ぶことはとても重要な意味をもっています。
なぜなら、理解しないで選ぶとき、人生に様々な問題が起こっておくるからです。

仏教には「ヨーニソマーナシッカラ」という教えがあります。
今この瞬間の心の状態に「念」を入れるという意味です。

また、仏教最古の経典「スッタニパータ」に以下のような教えがあります。

「身体で行うこと、心で考えること、言葉で言うことをよく確認しながら行うことが大切である」




大切な選びとは
「自分が後悔しないように選ぶ」
「他人に後悔させないように選ぶ」
「自分も他人も後悔しないように選ぶ」
ということです。

そのための選び方として、まず物事を二つに分けます。
行うべきことと、行うべきではないことに分けるのです。

良くないことからは無条件に離れます。
残るのは、必要なものだけです。
その中から、自分に一番必要なものを選びます。
身体、心、言葉で一番必要なものを選びます。


大切な選びということに関して、一つの話があります。
「デーワ・ダンマ・ジャータカ」です。(ジャータカとは古代インドの仏教説話の一つで、ブッダの前世物語です。)


ある国の王様に、マヒンサッカ、チャンドラクマラ、スリヤという三人の子ども、王子がいました。
この中で、三番目の王子スリヤは、王の二番目の女王との子でした。

その女王は、自分の子であるスリヤを、王の後継者にしたいと考えていました。
しかし、王はそれに反対していました。

それからいろいろな問題がありました。
王は、上の二人の子に危険がありかもしれないと考えました。

そして、二人の子に、違う場所で生活し、自分が亡くなった後、ここに戻ってきて王になるように言いました。

二人の王子は言われたように城を出ていくのですが、上の兄たちが出ていくのを見た三番目の子も、一緒について行ってしまいました。

三人は途中で、木の下で休みました。

水が飲みたいので、近くの池から水を汲んでくるようにと、三番目の子に行かせました。

しかし、その池にいた悪魔に連れ去られてしまいました。

戻ってくるのが遅いため、次に二番目の子が見に行きました。
すると、二番目の子も悪魔に連れ去られてしまいました。

二人とも戻ってこないので、何かあったと思い、一番上の王子も池に行きました。

そこで二人の弟が池に入った足跡を見て、ここに悪魔がいることを悟った兄は、池に入りませんでした。


そこに一人の老人が来て言いました。
「なぜあなたは、池に入らないのですか? 池に入って身体を洗い、水を飲んでさっぱりしたらどうですか?」

兄は、この老人が悪魔であることを見抜き、二人の弟のことを尋ねました。

悪魔は、二人の弟は、道徳を知らないために隠してあると言いました。

もしあなたが道徳を知っていれば、一人を解放すると言いました。

兄の王子は言いました。


「罪をおそれ、罪を恥じる」


それを聞いた悪魔は「一人を解放します。どの子にしますか」と言いました。

兄は「一番下の子を返しなさい」と言いました。


悪魔は驚きました。

「なぜあなたは、血のつながった実の弟ではなく、そうではない下の子を選ぶんですか?」

兄は、「城に戻って、一番下の子が悪魔に奪われたと言っても、誰も信じないでしょう。私と二番目の弟と殺したに違いないと思われるでしょう。なぜなら、今の母は一番下の子を王にしたいと願っているからです。」
と言いました。


兄の素晴らしい智恵に感心した悪魔は二人の弟を返しました。

この話から分かることは、正しく理解すること、正しい選びが大切であるということなのです。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

ヤタワラ・パンニャラーマ

Author:ヤタワラ・パンニャラーマ
日本の皆さん、こんにちは。
ヤタワラ・パンニャラーマです。

私はスリランカのキャンディという町で生まれ、1986年に来日しました。現在は千葉県香取市にあるスリランカ寺院「蘭華寺」の僧侶として活動しています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

ウェブサイト
「気づきの瞑想~マインドフルネス~」
http://y-pannarama.com/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR